2020年はコロナウィルスのために外出自粛を強いられるようになり、家庭でできる副業に関心を持った人も多いのではないでしょうか。その中で、スマホさえあれば実施できる副業の1つにチャットレディーがあります。アダルトのイメージが強いチャットレディーですが、実はノンアダルトでもできますし、年齢を気にする必要もありません。ここでは、チャットレディーの年齢について紹介していきます。

チャットレディーというとアダルトなイメージが強いからこそ、若くなければできないと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、30代以上でチャットレディーをしている人も多く、確かにライブチャットのサイトによっては20代の女性を中心として運営されていますが、中には人妻を1つのカテゴリーにしたサイトもありますし、熟女の多いライブチャットのサイトも存在します。

人妻や熟女はアダルトの中でも需要のあるカテゴリーの1つであり、特に年配の男性を中心に広く人気を呼んでいます。そのため、「結婚しているからもう需要がない」「熟女と呼ばれる年齢だから男性に振り向かれるはずがない」などと心配する必要はありません。
ただし、自分の年齢に相応のライブチャットを選んだ方が良いでしょう。例えば、40代でありながら20代を中心としたライブチャットに登録しても、あまり需要がない結果になりかねません。

また、ある程度年齢がいっている女性の方が男性も話をしやすいというメリットがあります。ライブチャットでは、男性はメッセージを送るにもポイントを使わなければならず、なぜわざわざ男性が高いお金を払ってまで女性と話をしたいと思っているのか考えなければなりません。

自分の話を聞いて欲しい、疑似恋愛を楽しみたい、などと思っている人も多いので、柔軟に男性の会話に応じられる、男性の悩みを理解できる、そのような女性こそライブチャットでは求められています。

そのため、必ずしも若くなければならないという事は無いのです。ある程度人生経験を積んでいる女性の方が男性の話を理解できることもあり、人生経験のある女性が求められていると言えるのです。

確かに、登録するときには多少年齢をごまかしてもかまいません。
ただし多くの女性はプロフィールに自分の顔を載せています。

それは確かに加工した写真でも問題ないので、写真の撮影によっては身バレの心配をする必要はありません。しかし、写真の雰囲気から「あまりにも年齢をごまかしすぎている」と思われてしまうと逆に怪しい、信用できない、と思われてしまうリスクもありますので、年齢のごまかし方には注意が必要だといえます。

繰り返しますが、ライブチャットを利用している男性の年齢層によっては30代や40代の女性も多く需要がありますので、自分の年齢に合ったサイトを使いましょう。